注文住宅の値引き交渉におすすめな時期・タイミングはいつ?

公開日:2024/06/15  


注文住宅は、一生に一度の大きな買い物です。夢の家を実現するためには、費用面も慎重に検討する必要があります。しかし、注文住宅は高額な買い物であるため、少しでも安く抑えたいと思うのは当然のことです。そこで今回は、注文住宅の値引き交渉におすすめな時期・タイミングについて解説します。

注文住宅は値引きが難しい?

実際には注文住宅で値引き交渉は可能なのでしょうか。注文住宅は、建売住宅とは異なり、基本的に値引き交渉が難しいと言われています。これは、注文住宅は建売住宅のように大量生産されるものではなく、個別に設計・施工されるため、コストが明確に決まっているからです。

具体的には、注文住宅は土地の購入、設計、施工、建材の調達など、さまざまな工程を経て完成します。これらの工程にはそれぞれ費用がかかり、その費用は個々の住宅によって大きく異なります。そのため、注文住宅の場合、最初から値引きを前提とした価格設定はされておらず、値引き交渉によって大幅に価格が下がることは期待できません。

しかし、値引き交渉が全く不可能というわけではありません。交渉次第で、数%程度であれば値引きしてもらえる可能性があります。値引き交渉が成功しやすい時期・タイミングを知っておくことで、より安く注文住宅を購入できます。

注文住宅の値引き交渉が成功しやすい時期・タイミング

注文住宅の値引き交渉が成功しやすい時期・タイミングは、以下の通りです。

決算期

多くの企業は、3月と9月を決算期としています。決算期が近づくと、営業成績を上げたいという気持ちが強くなり、値引き交渉に応じやすくなります。特に、3月は年度末決算となるため、多くの企業が目標達成のために積極的に値引き交渉に応じる傾向があります。決算期前には、販売目標を達成するためにも、顧客のニーズに合わせた柔軟な対応が期待されることから、値引き交渉が成功しやすいと言えます。

閑散期

注文住宅の業界には、一般的に1月と8月が閑散期と言われています。閑散期は、顧客数が少ないため、営業担当者が積極的に顧客を獲得しようと努力します。そのため、値引き交渉に応じやすくなります。閑散期に入ると、建築業界全体が落ち着き、需要が低下する傾向があるため、企業側も値引き交渉に対して柔軟な姿勢を取りやすくなります。

競合他社の見積もりがある場合

複数のハウスメーカーや工務店から見積もりを取っていることを伝えると、値引き交渉が有利になります。競合他社の見積もり額が安いことを伝えれば、自社も対抗するために値引きを検討してくれる可能性が高くなります。この際、具体的な金額や条件を示すことで、より効果的な値引き交渉が行えるでしょう。

注文住宅の値引き交渉する際の注意点

注文住宅は、一生に一度の大きな買い物です。夢の家を実現するためには、費用面も慎重に検討する必要があります。しかし、注文住宅は高額な買い物であるため、少しでも安く抑えたいと思うのは当然のことです。

そこで今回は、注文住宅の値引き交渉で成功しやすいコツについて、さらに詳しく解説します。

無理な値引き交渉はしない

注文住宅の値引き交渉は、あくまでも交渉であることを忘れてはいけません。最初から値引きが成功するとは限りませんので、無理な値引き交渉は避けましょう。極端な値引き交渉は、営業担当者の反感を買ってしまう可能性があります。

営業担当者は、自社の利益も守る必要があります。あまりにも無理な値引きを要求すれば、交渉を打ち切られてしまう可能性もあります。値引き交渉をする際には、相場を意識した上で、無理のない範囲で交渉しましょう。

一般的に、注文住宅の値引き率は3~8%程度と言われています。この範囲内であれば、比較的成功しやすいと言えるでしょう。

具体的な根拠を示す

値引き交渉をする際には、具体的な根拠を示すことが重要です。

例えば、競合他社の見積もり額が安い場合は、自社も同様の価格設定を考える必要があるため、値引き交渉に対する柔軟な姿勢を取りやすくなります。見積りを出す時は、必ず複数社を比較するようにしましょう。

これらの根拠を示すことで、値引き交渉がより効果的に進められるでしょう。

感謝の気持ちを伝える

値引き交渉が成功した場合は、必ず感謝の気持ちを伝えましょう。感謝の気持ちを伝えることで、営業担当者との信頼関係を築くことができます。信頼関係があれば、今後何か問題が発生した場合でも、柔軟に対応してくれる可能性があります。

まとめ

注文住宅の値引き交渉は、決して簡単ではありません。しかし、今回紹介した時期・タイミングとコツを参考にすれば、より安く注文住宅を購入することができます。注文住宅の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。注文住宅の値引き交渉は、あくまでも交渉であることを忘れてはいけません。必ずしも値引きが成功するとは限りませんので、最初から値引きを期待しすぎないようにしましょう。

おすすめ関連記事

【NEW】新着情報

注文住宅は、一生に一度の大きな買い物です。夢の家を実現するためには、費用面も慎重に検討する必要があります。しかし、注文住宅は高額な買い物であるため、少しでも安く抑えたいと思うのは当然のことで

続きを読む

注文住宅でバルコニーを設置することは、多くのメリットがあります。しかし、設置場所や大きさ、構造などを間違えると、せっかくのバルコニーが使いにくいものになってしまうことも多いです。本記事では、

続きを読む

NEOデザインホーム 住所:NEOデザインホーム事業本部〒891-0115 鹿児島県鹿児島市東開町3-77 TEL:099-298-9300 NEOデザインホームは、鹿児島市を中心に薩摩川内

続きを読む

バルコニーは家の一部として快適な時間を過ごす場所であり、失敗しないためには計画と検討が欠かせません。そのためには、どのようにデザインし、どんな素材を選ぶべきか、そして予算との調整はどのように

続きを読む

規格住宅とは、住宅メーカーや不動産業者が標準的なプランや仕様で提供する住宅のことを指します。一方、注文住宅は完全にカスタマイズされ、建売住宅は完成済みの住宅を購入する形態です。この記事では、

続きを読む

  鹿児島の美しい景色を楽しむために大きな窓は魅力的ですが、デメリットも見逃せません。日差しの問題やプライバシーの問題が考えられますが、そんな欠点も払拭する方法があります。この記事

続きを読む

防音室の設置は音楽や映画を楽しむだけでなく、家族のプライバシー保護や快適な生活環境にも貢献します。防音室の種類によって異なる費用相場を把握することで、お好みの仕様を見つける手助けになります。

続きを読む

注文住宅の引き渡しまでにかかる時間や、工期を短縮するための有効な手法について解説します。建築の設計段階から内装工事までの各工程での所要期間や要素を考慮し、工期を短縮するための具体的なアプロー

続きを読む

注文住宅と建売住宅は、住宅選びにおいて重要な選択肢です。注文住宅は完全なカスタマイズ性で理想の住まいを実現できますが、時間とコストがかかる一方、建売住宅は迅速かつ経済的な選択肢ですが、カスタ

続きを読む

ほかの人とは違うおしゃれな住宅に住みたいと考えている人は、天窓のある住宅を建ててみましょう。リラックスタイムを満喫できるだけではなく、子どもの情操教育にも効果的です。今回の記事では、メリット

続きを読む