土地なしで注文住宅を建てる際の流れは?期間や土地探しのポイントを解説

公開日:2023/07/15  

土地を持っていない状態から注文住宅を建てる場合、どのような流れで進んでいくのでしょうか。かかる期間も気になりますよね。そこで本記事は、土地なしから注文住宅を建てる際の流れと期間について詳しく紹介しています。早く建てるためのポイントについても解説しているので、注文住宅を建てたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

土地なしで注文住宅を建てる際の流れ・期間

土地なしの状態で注文住宅を建てる場合は、まず資金計画から始まります。その後、土地探し、土地の購入、住宅のプランニング、住宅ローンの申し込み、着工、引き渡し、という流れで家づくりが進みます。

土地探しは自力で行うこともできますが、ハウスメーカーの方に希望を伝えて探してもらうこともできます。注文住宅を建てるためにかかる期間は、約8~15か月ほどと言われており、急ぐのであれば半年~7か月ほどで建てることも可能です。

失敗しない土地探しのポイント

次に失敗しない土地探しのポイントを紹介します。土地は住宅とは違い、リフォームなどであとあと変更することができない要素のため、慎重に決めるようにしましょう。

土地に求める要素の優先順位を決めておく

土地探しで失敗しないためには、あらかじめ土地に求める要素と優先順位を決めておくことが大切です。本当は駅の近くに家を建てたいと考えていたとしても、駅の近くの土地を見た後で駅から離れた場所で安くて広い土地を見つけたら、衝動的に駅から遠い方の土地を選んでしまう可能性があります。

土地は住宅とは違い、後からリフォームなどが行えないため、土地探しを始める前に、土地に求める要素とその優先順位を明確にしておきましょう。

事前に資金計画を練っておく

土地探しに失敗しないためには、事前に資金計画を練っておくことも大切です。ほとんどの方が、マイホームを建てるための予算に限りがあることかと思います。

予算には限りがあるのに、土地にいくらまでお金を使えるのか計算せず土地を探してしまうと、せっかくよい土地を見つけたとしても、予算オーバーしてしまう可能性があります。

マイホームを建てるためには、土地だけでなく、住宅にもお金がかかるため、必ず事前に資金計画を練っておくようにしましょう。

住宅詳細を決めながら土地を探す

土地を探す際は、土地が決まってから住宅のことを考えようとする方が多いですが、土地探しと並行して住宅の詳細を詰めていった方が、早くマイホームを建てることができます。

土地探しと住宅の詳細を詰める作業を並行すると、予算のことなども考えやすくなるため、余裕がある方は土地探しと並行して住宅の詳細を決めるようにしましょう。

注文住宅を早く建てるためのポイント

最後に注文住宅を早く建てるためのポイントを紹介します。注文住宅を早く建てるためには事前準備が非常に重要です。事前準備に手を抜くと、注文住宅が完成するまでの時間が伸びてしまうので注意してください。

また、急いでいるからといって家族の話を聞かずに自分の意見だけで進めてしまうと、家族と揉める原因になってしまいます。急いでいたとしても必ず家族の意見には、耳を傾けるようにしましょう。

土地探しをスムーズに行う

注文住宅を早く建てるためのポイント1つ目は、土地探しをスムーズに行うことです。土地探しは、時間をかけようと思えばいくらでも時間をかけることができます。なぜなら、販売されている土地は、時間の経過と共に入れ替わるからです。

待てば今よりももっとよい土地が出てくるかもしれないと考えていると、結果としてよい土地が見つかったとしても家が建つまでの時間が長引いてしまうので注意しましょう。とにかく早く家を建てたい方は、あらかじめ土地探しにかける期間を何か月までと決めておくことが大切です。

あらかじめ家のイメージを明確にしておく

早く注文住宅を建てるためには、あらかじめ家のイメージを明確にしておくことも大切です。

ハウスメーカーの方と打ち合わせを行う前から、どんな家にしたいのか、どんな間取りにしたいのかなどをある程度決めることが出来ていたら、打ち合わせの時間を短縮することができ、住宅が完成するまでの時間が短くなります。

なるべく早い段階から家族と話し合うなどして、家のイメージを明確にしておきましょう。

家に求めるポイントの優先順位を決めておく

家に求めるポイントの優先順位を決めておくことも、住宅を早く建てるために大切なことです。マイホームを建てようと考えている方は、アイランドキッチンにしたい、子ども部屋を作りたいなど家に求める希望をいくつも抱えていることかと思います。

しかし、マイホームを建てるための予算には限りがあるため、多くの希望を全て叶えることは難しいケースが多いです。全ての希望が叶えられないとなったときのために、あらかじめ希望に優先順位を付けておきましょう。

そうすることで、スムーズに住宅の詳細を決めることができ、時間をかけずに住宅を完成させることが可能です。ハウスメーカーの方に相談しに行く前に、家族で話し合って家に求めるポイントの優先順位を決めておきましょう。

まとめ

本記事では、土地を持っていない状態から注文住宅を建てる際の流れと期間について詳しく紹介しました。土地を持っていない状態から家を建てる場合は、資金計画、土地探し、土地の購入、住宅のプランニング、住宅ローンの申し込み、着工、引き渡し、という流れで家づくりが進んでいきます。

一般的に家を建てるためには8か月~1年ほどの期間がかかると言われていますが、急ぎの場合は半年ほどで家を建てることも可能です。土地探しは時間をかけようと思えばいくらでも時間をかけられてしまうため、あらかじめ期限を決めて探すようにしましょう。

おすすめ関連記事

【NEW】新着情報

注文住宅は、一生に一度の大きな買い物です。夢の家を実現するためには、費用面も慎重に検討する必要があります。しかし、注文住宅は高額な買い物であるため、少しでも安く抑えたいと思うのは当然のことで

続きを読む

注文住宅でバルコニーを設置することは、多くのメリットがあります。しかし、設置場所や大きさ、構造などを間違えると、せっかくのバルコニーが使いにくいものになってしまうことも多いです。本記事では、

続きを読む

NEOデザインホーム 住所:NEOデザインホーム事業本部〒891-0115 鹿児島県鹿児島市東開町3-77 TEL:099-298-9300 NEOデザインホームは、鹿児島市を中心に薩摩川内

続きを読む

バルコニーは家の一部として快適な時間を過ごす場所であり、失敗しないためには計画と検討が欠かせません。そのためには、どのようにデザインし、どんな素材を選ぶべきか、そして予算との調整はどのように

続きを読む

規格住宅とは、住宅メーカーや不動産業者が標準的なプランや仕様で提供する住宅のことを指します。一方、注文住宅は完全にカスタマイズされ、建売住宅は完成済みの住宅を購入する形態です。この記事では、

続きを読む

  鹿児島の美しい景色を楽しむために大きな窓は魅力的ですが、デメリットも見逃せません。日差しの問題やプライバシーの問題が考えられますが、そんな欠点も払拭する方法があります。この記事

続きを読む

防音室の設置は音楽や映画を楽しむだけでなく、家族のプライバシー保護や快適な生活環境にも貢献します。防音室の種類によって異なる費用相場を把握することで、お好みの仕様を見つける手助けになります。

続きを読む

注文住宅の引き渡しまでにかかる時間や、工期を短縮するための有効な手法について解説します。建築の設計段階から内装工事までの各工程での所要期間や要素を考慮し、工期を短縮するための具体的なアプロー

続きを読む

注文住宅と建売住宅は、住宅選びにおいて重要な選択肢です。注文住宅は完全なカスタマイズ性で理想の住まいを実現できますが、時間とコストがかかる一方、建売住宅は迅速かつ経済的な選択肢ですが、カスタ

続きを読む

ほかの人とは違うおしゃれな住宅に住みたいと考えている人は、天窓のある住宅を建ててみましょう。リラックスタイムを満喫できるだけではなく、子どもの情操教育にも効果的です。今回の記事では、メリット

続きを読む